ROやもうやってないけど、別の何かを書いてます


by third_pink
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ギルドの在るべき形とは

私のホームギルドが解散してしまったっぽいです。丼です。
これで私が復活した時に帰るギルドが無くなったと言うわけか・・・・

_| ̄|○

ここから↓は内輪話なので、関係者しか見ても分からないと思います。





そもそもギルドを強制的に解散させるという魂胆が分からんです。
多分これは、自分のギルドに対する姿勢と、彼のギルドに対する姿勢が全く違うからだと思うのですが、自分のギルドに対する姿勢から考えると、マスターとしてはカナリ失格になります。

自分のギルドに対しての姿勢

1,ギルドマスターというものは、あくまで器役であり、独断で物事を判断したり、行動したり出来るものではない。

2,何かを行動する場合にあたっては、必ずギルメンの意見を聞き、それを優先して行動するのが、本来のギルドマスターの姿勢である。

3,ギルメン同士が快適にギルドを使えるようにする為の行為は独断でも認められる。具体的には、BOT使用や、チート使用の確認があるギルメンは、即ギルド脱退させる。などである。

4,ギルドとは一人で抱えるものではなくて、ギルメン全員で動かしていくものであると考えている。主な例として、ギルメンの中から、1~2人の幹部を推薦するなど。

これが自分のギルドというものに対する姿勢です。
ぶっちゃけますけど、多分彼の考えの中にの項目は無かったと思います。でなけりゃ解散なんて思いつくはずがない。

このまま順調に内定をもらい、卒業が出来たら、自分は復活して、P!nkがマスターになっているSGを動かしていくつもりですが、この姿勢を崩すつもりは全くありません。
[PR]
by third_pink | 2005-07-14 08:54 | 丼の行動記録